Care 1お花が届いてからの管理

お花が届いてからの管理

お花が届いたら

お花を包んでいる和紙を外してください。この和紙は輸送中の保護の為のものです。
ラッピングも出来るだけ早めに取り外してください。

  1. 先端を留めてあるクリップを外す。
  2. 後ろのクリップを外す。
  3. 茎に巻きつけてある和紙をゆっくりとほどき全体に掛かっている和紙を丁寧に取り出す。
  • “胡蝶蘭は花を固定するため針金を使用しております。箱から出す際などは、十分お気をつけください。また、鉢をひきずらないようお願いします。
    ※まれに鉢底から鉄線が飛び出している場合がございます。
  • 小さなお子様やペットの手の届かないところへ置いてください。
  • 倒したり、針金で目などをつかないようご注意ください。

置き場所

一般のご家庭での理想的な置き場所は玄関です。

【玄関に置いた際、注意していただくポイント】

  • 冬場の夜間の温度低下
    5℃以下になる場合は夜間のみ暖かい所へ移動して下さい。
  • 直射日光は避ける

温度

一番お花が喜ぶ温度:18℃~25℃
常時、この温度を保つのが最適な状態です。

お花がぎりぎり耐えられる温度:5℃以上 32℃以下
この温度は胡蝶蘭がどうにか生きられる温度です。
お花が咲いているときは温度が低い方(18℃~25℃)が長くお花を楽しむことができます。
温度が高ければ高いほど開花している期間が短くなります。(老化)
特に32℃以上になりますと短くなる恐れがございます。

※ 1日の温度変化が少ない場所が好ましいです

※ この様な症状は凍傷です!
5℃以下の環境に一定期間さらされた場合、花は画像のような形に萎れ、葉はみるみる元気を失います。
凍傷になった花は再び元気になる可能性が低い為、冬場の温度管理にはご注意ください。

湿度

基本的に日本の気候であればほとんど調節する必要はありません。
ただし冬場の暖房が効いている室内の場合は乾燥し過ぎてしまい、花が傷んでしまう事があります。(理想は40%以上です)

※ 注意
加湿器などで湿度を調節される場合は花に直接あたる状態は避けてください!(花しみの原因となります)

基本的に直射日光は必要ありません。
一般的にはレースのカーテン越しの太陽光が良いといわれますが基本的な生活レベルの光でかまいません。胡蝶蘭は光が強すぎてもお花がしおれる原因となってしまいます。間接的に太陽光が当たる場所が理想です。
※ 目安は影ができるかできないか程度です。
 

水やり

胡蝶蘭の苗は鉢の中で1株ずつ小さなポットに入っています。1株ずつたっぷり(株全体にしみわたるぐらい)お水をかけてください。

※ 注意
鉢上のミズゴケは装飾用のため、いくら乾いても胡蝶蘭自体に影響はありません。水ゴケの下の株元を手で触って頂き、乾いていなければ大丈夫です。
受け皿の上に鉢を置いても構いませんが、受け皿に水はためないで下さい。(根ぐされの原因となります)

  • 大輪は15 日に1回位でたっぷりと
  • ミディ胡蝶蘭は8 日に1回位でたっぷりと

※ 注意
基本的に肥料は必要ありません。(水道水に含まれている微量な栄養分のみで充分成長します。)
もしも肥料を与える場合は春から夏にかけて1~2ヶ月に1度与えてください。秋から冬は必要ありません。

 

2 お花が終わったあとの管理